据置型太陽光パネル

注目の投資物件

土地付き太陽光発電にを購入する前に

電卓とつみ木の家

太陽光発電を不動産屋駐車場などと同様の投資として見て、太陽光パネルを設置する土地付き太陽光発電という物に注目が集まっていますが、一方で個人単位でやる発電では採算割れになるのではないか、という説も同時に出ています。 というのも国の売電価格は年々下がり、大型太陽光発電施設の買取を断るという事例も増えてきたためです。 そこでこれから何らかの理由で参入しようと思うのであれば、将来的に採算がしっかりととれるかどうかを確認する事が重要になります。 例えば自分の土地を持っていたとしても、既に認定を受けている施設であれば20年は買取保証が行われることからそちらを選んで投資した方が利益が良い事もあります。投資として土地付き太陽光発電を購入するなら、採算がしっかりと取れるか計画しながら購入の判断をしましょう。

太陽光発電を購入する際に知っておくと良い事

土地付き太陽光発電というのは他のエネルギーよりもメンテナンスや発電がしやすい利点はあるのですが、一方で台風による飛来物での破損、積雪や雹による破壊などの危険性があります。 なので土地付き太陽光発電を購入する際には、台風などの通り道にならないかという事やその地域の気象条件を予め調べておきましょう。これは発電量にも直結する事なので必ず調べておくべきことの一つです。 もう一つが業者によって異なる保証問題で、パネルの設置以後もメンテナンスなどが必要となるのですが、無料でやってくれるのか有料でやるのか、保証期間の長さなどは業者によって全く異なります。 なので購入する際はしっかりと業者の保証を確認して購入しましょう。