据置型太陽光パネル

セットでお得に購入

土地付きの太陽光発電について

太陽光パネル付き戸建て

土地付き太陽光発電とは、太陽光発電施設と土地をセットで手に入れることができるというものです。現在、太陽光発電は、家の電力を賄うためだけではなく、資産運用としても考えられています。しかし、太陽光発電事業を始めるためには、太陽光発電システムを設置する広い土地が必要となります。土地付き太陽光発電ならば、現在土地を所有していない人も太陽光発電事業に参加できるのです。では、土地付きの太陽光発電で事業に参加するメリットを二つ紹介します。まずは、大きな特徴でもある土地が不要ということです。これにより、より多くの人が事業に参加できます。二つ目は、環境問題への貢献です。投資による金銭的なメリットと同時に、環境破壊や温暖化などの環境問題にも貢献できるのです。

土地付き太陽光発電導入時の注意事項

ここまで紹介してきた土地付き太陽光発電ですが、もちろんメリットだけではありません。デメリットについても理解して、事業への参加を検討する必要があります。ここからは、注意すべき点について二つ紹介していきます。まず一つ目は、初期投資が高額だということです。高い利回りで、長期間安定した収入を見込むことができますが、導入の際に高額の費用が発生することを理解しておく必要があります。二つ目は、発電量の低下や自然災害による被害です。太陽光パネルの汚れ等の経年劣化に伴い、発電量が低下する可能性があります。事前のシュミレーションで、発電量の低下率も考慮する必要があります。また、太陽光パネルは外にありますので、雪や台風等の自然災害リスクも想定しておく必要があります。以上のこともしっかりと把握した上で、土地付き太陽光発電を検討しましょう。事業に参加することで環境問題への貢献もできるため、多くの資産運用案の一つとして考えたい事業の一つです。