据置型太陽光パネル

日本の発電の種類

太陽光発電の家庭レベルでの広まり

屋根に設置された太陽光パネル

電力の供給は火力発電と原子力発電によるものが日本では主力を占めており、それを補助するようにして水力発電や風力発電、そして太陽光発電が利用されてきていました。しかし、エネルギーとして電力が最も安い時代が到来した際にオール電化の家が流行し、その恩恵をより請けるために太陽光発電パネル設置が家庭レベルで施工されることが増加しました。それに伴って開発する企業も小型化や効率化などにより積極的に取り組むようになり、それまでは設置が困難であった狭いスペースでも施工が可能になる等、利用しやすい状況が生まれてきました。そして、国からの補助もあり、施工業者も積極的な展開を行ったことから、現在では多くの家庭や企業において太陽光発電パネルが設置されるようになってきています。

電気料金の上昇と経済効果への影響

太陽光発電パネル設置の施工が家庭レベルでも広まったものの、電気の価格が上昇してきたことによってオール電化の家を目指す人が減り、太陽光発電に対する意識が若干薄れてきています。しかし、実際には高価になっている電力を自前で供給できるようになることができ、余れば売電することができることから、設置におけるメリットは大きくなってきているとも言えます。太陽光発電パネルの開発も進み、小型化や効率化、低価格化も進んでいることから、経済的メリットに対する認識が高まるにつれて広まりを見せていくことになるでしょう。一方で、電気料金の高騰が予算を圧迫している企業もあり、太陽光発電の導入という投資を行うことで将来に備える傾向も強まると予想されます。